子供のころファミマの「角バーガー」で学んだこと

1994年ごろ?
ファミリーマートで売られていた角バーガーという食べ物。

当時小学生2〜3年生ぐらいだった私は現在と反して食に対して全く興味がなかったので、その角バーガーの存在を知らずに育ってきました。そんな中。
同級生の家で遊んでいたところ、友達が「角バーガー買いに行こう!!」と言い出す──

私「かくばーがー?」

周りが行こう行こうという雰囲気になり、私はそこで初めて(ファミマというところで売っているハンバーガーのことなんだな?)と、知る。

しかし困ったことに、お金を持ってきていない。
先にも書いた通り、当時のわたしは食への興味が皆無だったので買い食いとかもせず、外で遊ぶときはお金を持ち歩くという発想がなかった。
何かマンガでも買いに行くときは財布を持って出るけれど、友達の家に行くときは財布は必要ないという考え。ノーサイフノーライフではなく、ノーサイフライフ。

はてさてどうしたものか……。
…お金なんか、持ってきてないぞ? え、みんなお金持ってきてるの?
聞くと、どうやらみんな持っているらしい。わお、ぴーんち!

ただそこで、ありがたいことに遊んでいた友人宅のおかあさんが私の事情に気付いてくれて、その場を奢ってくれることになった。

感謝の言葉を述べ、そして私たちは自転車を走らせニコニコとファミマの角バーガーを買い、そして食べた。

正直どんな味だったのか全く覚えてないんだけど、このときから外に出るときは財布を持って出た方がいいんじゃないかな?と学んだような気がしますw そんな記憶。

ふと思い出して、すごく食べたくなりました。

コメント