“愛してる”のイビキだけで 強くなれる気がしたよ

愛とイビキの果て(さくらんぼの画像)

今朝いつもの電車に乗ってゆーらゆーらと揺られて子牛のように会社へドナドナされていたところ、後ろの席から「すぴーすぴー」と寝息の音が聞こえてきました。

疲れてるんだろなー眠いよねー朝って。とか思いながら私も同じように目をつぶっていたところ、だんだん寝息は「グーグー」という音に。電車の中は結構な静かさなので、イビキが少し目立ってしまう状況になりました──。

しかしまぁ、イビキといえど「グーグー」だ。

グーグーというと、『グーグーだって猫である』という可愛いネコの作品にも使われるぐらいの音なので、もちろんイビキと言えども可愛いものである。

イビキの音量がいささか気になったはものの、わたしは気を取り直してもう一度目を閉じた。

数分後。


「ぐおー!!ぐおー!!」

イビキはサナギから蝶へと進化した。

さすがに騒がしいので、やれどんな顔をしているのかと後ろの席をのぞこうと思ったのだけど、私は思った。

イビキの声質からして子供ではない。いい大人だろう。しかも知らない人だ。いい大人がいい大人の寝顔を見ている姿は絵的にどうなのだろう。あまりにも滑稽ではないか。
しかも相手からすると知らない人に寝顔をのぞかれるなんてたまったもんじゃない。私ならいやだ。

──わたしは振り返るのをやめた。

それから次の駅に着いた。
到着のアナウンスが流れても後ろの席のイビキはとどまることを知らない。乗客の中の小さな子供が「まんまー!」と大きな声をあげる。しかし後ろの席の人は起きない。イビキはとどまることを知らない。

後ろの席の人(以下、「彼」とする)はサラリーマンだろうか? もし彼の目的とする駅に着いても、ちゃんと起きられるのだろうか?
私は少し心配した。
次の駅に着き、そしてまた次の駅に着いても起きる気配はない。むしろ熟睡さを増している気がする。

彼がこれだけイビキをたてて寝ているのは、それなりの理由や原因があるはず。

わたしは彼のことを想った。

【以下、想像】

彼の仕事は激務でほぼ毎日、終電ギリギリまで仕事をしている。
娘が小さな頃は子育て優先の生活をおくっていたが、手がかからなくなると同時に会社が忙しくなった。

クタクタに疲れながら家に帰り、愛する妻と中学生の娘が今日も平和に過ごせたことを確認して「ほっ」と一息。そして今日も1日がんばったと夜中に1人で晩酌をするのが彼の日課だ。

しかし昨日はいつもと違った。家族にとって特別な日。妻の誕生日だ。
平日ということもあり、遠くにお出かけするのは難しいが外食の予定を立てていた。

「パパ、今日は早く帰ってきてね!」そんな娘の言葉を思い出し、彼は定時の5時に時計の針が指すと同時にデスクから立ち上がり、周りの同僚に「今日はちょっと予定がね」と、はにかみながら会社を出た。

そして予定通り妻の誕生日を祝い、こっそりと用意していたケーキをみんなで食べた。ささやかかもしれない。でも、幸せな時間だ。

午後10時過ぎには娘が寝た。きっと楽しかったのだろう。

妻「あなた、今日はありがとう。久しぶりに家族でご飯を食べられて、とても嬉しかったわ。」

妻からこの言葉が聞けて彼は嬉しく思った。心が温かくなった。

彼「こちらこそ、いつもありがとう。君がいてくれるから毎日がんばれるよ。」

それから夫婦で数時間ほど思い出話なんてしながら時を過ごし、「そろそろ寝ようかしら」と妻の言葉に、彼は「僕は、もう少し起きておくよ」と返答した。

おやすみ。

そう挨拶をした後、時計の針は夜の12時を過ぎていた。

彼「さて、やるか!」

会社から持ち帰った仕事の大量の資料を見ながらも、彼の表情は幸せに満ちていた──。

【想像おわり。】



めっちゃええ人やん!

家族のために頑張る父親か!
そのために徹夜で仕事をしていたのか、それならイビキの1つや2つ出るよ!家族を愛するからこそ出るイビキだよ!

同志よ。いや、戦友。いや、ブラザーと呼ぼう。
ブラザー、それはイビキではなく良き夫、良き父が発する家族への愛の叫びだったんだな。私はブラザーに男の魂、いや漢の魂を感じた。

それと同時に「ぐおーぐおー!」というイビキは愛の “響き” に形を変えた。
まさか朝からこのような漢に出会えるとは思いもしなかった。

それから電車は目的とする駅に着き、私は席を立った。
降りる際に彼の顔を一目見ようと思ったが、止めた。見なくても分かる。戦う父親の顔ぐらい。

私はブラザーが寝過ごさないで目的の駅で下車することを祈った。

コメント

  1. 匿名 より:

    おもしろいw

    • 管理人 より:

      > 匿名さま
      ブログを見ていただいてありがとうございます。またコメントもくださって、とっても嬉しいです!励みになります^^