30代の私が1人で行く難易度レベル「どこまで行ける?入れる?」

一人で行ける?

集団行動も楽しいけれど、ぼっち行動は大好きなんですよね。

ほら、ドラクエもいいけどトルネコの大冒険みたいに暗がりで1人ぼっちでパンを食べたり、イオナズンぶっ放したりするの楽しくないですか?

とまぁ何言ってんだというわけなんですけど、フト思った──

私はいったいどこまで1人で行けるのだろう?
どんなお店までなら1人で入れるのだろう?

30代の私が、いま、1人で行ける難易度レベルみたいなのを考え、
ブログを火にくべたいと思うまでを書きました。

1人で行ける難易度レベル

一人焼肉

一人焼肉

行ける。余裕。行きたい。

1人行動のハードルの基準、代表格といえば焼肉だろうと思って最初にあげてみたけど、普通に楽しめると思う。

今まで行ったことはないけど、1人だと自由にしていいんでしょ?

ビールを頼んで、
ハラミ、
ハラミ、
ハラミ、
カクテキ、
ハラミ、
極上のハラミ

なにをオーダーしても誰も文句は言わない。
あぁ、今こうして書いてるだけでもワクワクする。お腹が減ってくる。

もともと恥ずかしいという感情が、子どもの頃から変にこじらせて楽しい?に変換されてしまうところがある私は焼肉ぐらいは行けるなぁ〜と思った。

次。

1人で東京ディズニーランド(シー)

1人ディズニー

行ける。

たとえば女子高生に(あの人…1人で…)と、コソコソささやかれても、にこっと笑いながらFacebookのイイねポーズぐらいはできると思う。

でも……それは〜楽しい…のか…な?

たぶん、そういう状況になったとすると私は家に帰ったらブログに書くと思う。

「30代の私が東京ディズニーランドに1人で行ってみた。」
みたいな記事タイトルをつけて。

他にはアトラクションの待ち時間なんかにTwitterで投稿するんじゃないかな?
「1人ぼっちで東京ディズニーランドなう」って。

いや、もうさすがに「なう」は使わないかもしれないけれど、なにかしら
「ちょwwおま1人ってw」というツッコミを受けたくて呟きたい気持ちになると思う。

ただ、これは決して東京ディズニーランドを楽しんでるのではない。

東京ディズニーランドをダシにして、1人をダシにして、

「どうだ?ワイ、一人できてるんやで〜?」ドヤァ〜。なんだと思う。

だからシンプルにミッキーを楽しんでないのでダメだと思った。本当にディズニーランドが好きで1人で楽しめる人とは雲泥の差がある。どやぁ〜は、1人ディズニーランドの資格なし。

じゃあ、どうするか。

やはり一人行動する場合はネットを遮断するしかないと思った。
そしてなおかつ、1人で行動したことを、この先、未来永劫、誰に話すことがないとしても行きたいと思うかどうか。楽しいと思えるか。

それが、1人で行ける。という定義にしようと思いました。

さて、その点を踏まえて「難易度たかいな〜」「容易いわ!」というところは〜。

一人で海外旅行。インド

一人で海外旅行(インド)

行ける。楽しめる。(写真はデリーでなんとなくパシャっとした風景)

インドは買い物一つでもわりとドキドキを味わうことあるし、町の両替屋さんでインドルピーに換える時とか緊張感で真顔になる。でも楽しい。

町の宿屋を一歩外に出たらRPGみたいな雰囲気で、インド人がいきなり話しかけてきて値段交渉というバトルが始まるのも楽しい。(面倒になって無視することがほとんどだけど、刺激が寄ってくるのは良い)

久美子の家

写真は久美子の家。
ここに泊まったことはないな〜。

インドは1人でも飽きることはないんじゃないかな。

次。

1人カラオケ

見たい!聞きたい!歌い…たい!
という『夜もヒッパレ』を1人で演じてみたい!

そう、あの番組のように。芸能人が芸能人の歌を歌う。という役割りを、私が1人でこなしてみたい。

田村正和さんが歌うドリームカムトゥルーの『LOVE LOVE LOVE』とか、ありもしない設定で、

歌ってみたい…ねぇ、そうでしょう?

…次。

1人でお花見。

無理。行けるけど、楽しめない。

ブルーシートに座ってな?
周りがワイワイしてる中、1人でブルーシートの真ん中に座ってな?

(あぁ〜場所取りは大変だなぁ〜チラ? 誰も来ないなぁ〜チラ?)なんて本当は1人じゃないフリをしながら桜を見て時間を過ごすなんて、無理すぎるなぁ…。

花は、誰かと見たいよ……

やはり、わたしは1人で行動するのにジーっと同じ場所にいるのはダメなんだと思う。東京ディズニーランドにしても1人で待つのは苦痛なんだろう。だから少し動きがないと。

そういうわけで次。

1人ボート

わりと……行ける気がする。

全力で漕いでみたり、疲れたらプカーと浮かんで1人でボートの上で空を眺めてみたりして、

それからフッとため息をこぼし……

空は、

どこまでも青くて、

広くて、

人間は、

ちっぽけだなぁ…

って、言う。34歳にして、そんなことを言う。
この世界の片隅で、言う。

…うん。分からん。
自分が分からなくなってきた。迷子。

いざ「行ける?行けない?」と考えてみると、結構どこでも1人で行けてしまいそうな自分がよく分からない。

でも──1人で行動できるかどうかのレベルは、自分、もしくは周りの景色が変わるかどうかで難易度が大きく変わる気がしています。

  • 焼肉なら目の前の皿事情が変わり胃袋に動きがあるから行ける。
  • ディズニーランドなら待ち時間が無理。だけど待ち時間がなければ楽しめそうな気もする。
  • ボートなら漕げばいい。
  • 花見は…ブルーシートから…出させてほしい。

やはり同じ場所に留まると難易度レベルがグンと高くなる。

そうなると──

1人で焚き火はキツいんじゃなかろうか…

一人たき火

いや……

やってみたい。

焚き火に手を当てて「今のはメラゾーマではない、メラだ」って言ってみたい。

そしてなにより、炎の揺れを眺め、今まで生きてきた人生を走馬灯のように頭の中で思いめぐらし、こんな駄文を書いてしまったことを懺悔したい。

こんな日記は、たき火に放り込み燃やして灰にしてしまいたい。

──と、30代にして戯れ言ばかり書いて日記を楽しんでみました。
40代になったらどうなるのかしら。1人でブルーシートの真ん中に座りお花見も楽しめるのかな?

また40代になったときに考えようと思います。おしまい。

コメント