【子供2人。共働き1ヶ月目】1日のスケジュールや大変だと思うこと

「服装の乱れは心の乱れ!」なんて中学生のときに言われませんでしたっけ?

そんな学校の風紀委員みたいなセリフを思い出しましたが、生活が乱れないように心にも時間にも余裕は欲しいものですね。(苦笑いw) 育児と仕事と遊ぶ時間の全てがほし…(以下、略)

そんなぼやきは良しとして、我が家は夫婦共働き生活がスタートして1ヶ月目。保育園児が2人、わたしはフルタイムのサラリーマンで、妻は時短勤務。
そんな、(いまって…人生のレールのどこら辺りを走ってるんだろう?)と考えながらの、ここ1ヶ月の1日のタイムスケジュールと育児記録。

子供2人。夫婦共働きの1日のスケジュール

共働き。子供2人。1日のスケジュール

妻の育児休暇がおわり、職場復帰したので1日の時間の使い方が多少変わった感じがあります。

朝はだいたい6時に起床。

以前は6時は30分ぐらいに朝起きてたものの、30分ほど起床時間が早くなりました。ただでさえ眠たいときって(もうあと5分…)という “ささやかな望み” を叶えたいし、それが叶った時はとてつもなく幸せタイムなのに、それの逆の生活が始まりました!30分早く起床。つまり幸せタイムである5分の6倍を削られることと相成りました。笑

まぁ慣れたらなんてこともなく、むしろ前日の晩に早くふとんに入るようになったので、睡眠時間はたぶん削られていません…と、自分に言い聞かせています。

6時5分ぐらい。上の子を起こすが起きない。下の子のオムツを替える

妻が子供のご飯を用意してくれてるあいだ、私は子供を起こして朝ご飯を迎えるまでの準備に入ります。

3歳の子供は寝坊助タロウのために全く起きる気配がないので、朝から「パパだよ…朝だよ!」と連呼しながら幸せタイムを解き放ちにかかります。
そんな声かけをしながら、とりあえず1歳の子のオムツを替える。

6時20分ぐらい、朝食開始

本日も朝ご飯が食べられます〜ありがたや〜なんて思いながらトーストが「チン!」と鳴り響くので、それをテーブルへと運ぶ。離乳食や飲み物も颯爽とテーブルへ。

そして下の子供はバンボに乗せます。
↓こんな感じ。

1歳の子供の朝ご飯

さて、そのあいだも上の子に声掛け。

(長男よ、パパはだね…そろそろキミに目を覚ましてほしいんだよ)

そんなことを思っていると、機嫌が良ければサクっと起きてニコニコ笑顔で「変身!」とか言いながら戦隊ものの真似をし始めたり、最近ハマっているDA PUMPの「カモン ベイビー アメリカ♪」を歌いながらイイネぽーずをする息子。

機嫌が悪ければ「イヤー!」と、なにがそこまで嫌なのか?笑 と。もしかして「YEAH!!!!」とアメリカナイズドで喜びの挨拶をする系の子なのかな? とか思いながらの絶賛テンプレのイヤイヤ期を炸裂させて布団から起き上がりません…。

まぁわたし達夫婦は朝そんなに余裕をこいてる時間もないので、彼はそんな数分後に絶対に起きることになるのですが。

さてご飯。

左に3歳児。右に1歳児を置いて、まんなかで父親のわたしは左右交互に腰をブンブンとひねりながら食事をあげたりフォローをします。

その間に妻は洗濯機をまわしてくれたり朝の準備。わたしはできるだけ子供に朝ご飯をやり続けます。一瞬の隙を見計らって自分の口にも食パンを運びます。

7時前。出勤準備。

わたしは通勤に少し時間がかかるため、ここで途中離脱。自分の着替えをして、家を出る前に妻と2人の子供にハグをして家を出ます。

妻の職場が割と家から近いこともあって助かる

妻は、それから子供の着替えや歯磨き、保育園に連れて行ってから仕事。まぁ…大変。保育園も割と近くで良かったなぁと思う。
これ、なにかが欠けてたらイロイロ余裕なかっただろうなとは思います。妻に感謝。イロイロ感謝。ありがとう。いい薬です。←これなんのCMだったかな。

4時すぎ。妻の行動。

保育園の迎え

妻が時短勤務なので、子供2人の保育園の迎えに行ってくれる。それからスーパーに買い出しとかも。

6時すぎ、息子2人の晩御飯。

休む間なし。

7時すぎ。父親のわたし、帰宅

ただいまー!と同時に「あそぼー!」と駆け寄ってくる上の子。

抱っこしたり帰宅と同時にはじまる突然の怪獣ごっごに多少の筋トレ遊びを堪能して、妻とわたしはご飯をいただきます。
妻がご飯作ってくれるときは、それをいただき、時間的に大変なときは会社帰りにわたしはお弁当を買って帰るといった感じ。

7時半〜8時。お風呂戦争

息子が2歳〜3歳までの間、お風呂を嫌がるときに試して良かったこと
あれ、またイヤイヤ期かな…? ぎゃー! お風呂嫌がったタイミングでヒジ抜けたー!!(肘内障…) たかが風呂に入るだけでワーワー言うてますが、ここ2〜3年のあいだで、子供とスムーズにお風...

お風呂に入れます。最近は「ママとお風呂に入りたい!」「今日はパパとお風呂に入る!」とかしゃべくりながら、まぁ、なんとかお風呂に入れながらも楽しんでいます。

そしてお風呂からあがると下の子にミルクを飲ませたり、上の子の歯を磨いたりしながら就寝準備。

共働き1ヶ月目。子供の寝る時間は9時と変わらず。

こどもの睡眠時間は特に変わっていないかもしれません。いや、30分ほど変わったかな? うーん、でもそのときの体調や機嫌にもよるし、8時半〜9時半は死守してる感あります。

そして子供が寝てからは、自由時間とはまだならず明日の準備に取りかかります。洗い物や仕事、洗濯物をたたんだり、明日の保育園の準備などなど…夫婦で協力しながら育児と仕事を両立し、早ければ10時半すぎぐらいに落ち着きます。そこから、また別の仕事したり家のことしたり。用事なければ自由時間。

そんな感じの共働き生活1ヶ月目。

子供2人で共働きで大変と思ったこと

子供1人のときも「あ、そうだったな!」と思い出したこと。
子供が体調を崩すと保育園には預けられないので、実家に預けられなければどちらかが仕事を休むことを思い出しました。

1歳の子供が40度の熱「病院連れてくかどうしよう?」」の最近の育児記録にも書いていますが、下の子がヘルパンギーナにかかりました。

とりあえず台風でその日は仕事が休みだったのですが、熱がおさまるまでは保育園に預けられず実家にも預けられなかったので、次の日も仕事を休みました。

子育てと仕事の両立で大変なこと

子育てしながら夫婦共働きの1日のタイムスケジュールについて自分なりにまとめてみると、自分たちの睡眠時間や自由時間は夫婦お互いが協力し合うことや、なにかしら気合いを入れたり(!?!?)、物事の考え方でどうにでもなるかな〜と個人的に思いますが、急遽仕事を休むケースがよくあること、これが大変かなと感じます。

ただ最近上の子がケガをしてしまった時、(とりあえず家族が健康なら、ほかは何でもいいや)と思ったことは育児の上で1つの真実だな。なんて思いもしますので、「なるようになる! なるように今まで自分はしてきた!」と、楽しみながら子育てにはげむ、そんな日々です。

また冒頭でお伝えしたとおり「服装の乱れは心の乱れ!」なんて言いますので、夫婦ともに服はできるだけオシャレして楽しみたいなぁなんて思いながら、余談ですが寝るとき私はTシャツをINして寝るスタイルは何年も変わっていません。

親御さん、子育ておつかれさまです。

【子育ての共働きブログ1ヶ月目の記録】

コメント