子育てしながら痩せるダイエットブログ「無理なく我慢せず」

子育てしながらダイエットブログ

1人目の子供が生まれたときに子育てしながらダイエットしようと意気込み、食べるのを我慢しないで1ヶ月で5キロ痩せた記録を昔のブログに残していました。

そして2人目が生まれて生活が変わり、(また太ってきたな……)と思ったので、再び痩せよう!と、無理のないように子育てしながらダイエットする方法を過去の体験談からまとめました。

スポンサーリンク

痩せようと思った

先日、整骨院を営んでいる友人から「チラシを作りたいから、モデルになってくれない?」と連絡がきました。

わたし「ええ!モデル!? いやだ!笑」

とまぁ…話を聞くと「バーベルを持ったり、ストレッチしている姿を写真に撮りたいから協力してくれないかな?」という話しだったので、ちょうど子供たちと “その整骨院” の近くを通りかかったのもあり、遊びがてら撮影されてきました。

そして思った。

体力が落ちてる。脂肪は増えた。

分かってたことなのに、なんせ20代の時のように体が動かない。デスクワークなので、このまま何もしなければ数年後は確実にお腹が出て、走ったらすぐに息が切れてる父親になるかもしれない…マズい…。学生の頃は筋肉質で痩せやすい体質で、いくら食べても太らなかったのに。

でも、ここで気付けて、いま気付けてよかった!…と思うことにした。(むりやり)

今はまだ体型はそこまで気にならないぐらいに保ってるけど、数年後…子供が小学校に入り運動会で「親子リレー」なんてあった日のことを想像してみると、未来のそこには丸まったおなかを抱えてエッサホイサと足を絡めながらなんとか頑張ってる私がいた。だからがんばる。

さて、そういうわけで単に痩せるのではなくて体力と筋力をつけてバランスよく健康的に食べるのを我慢せずに痩せるダイエットをしようと思いました。笑(欲が深いw)

方法1「記録する」レコーディングダイエット

ダイエット食

その日に食べたものを記録して、「うわ…めっちゃ食べてるやん」と自分と向き合うことで、明日からがんばろうと思える方法。

これ、数年前にやったときのこと

実際に試す前は「記録するだけ〜?」と斜に構えてたのですが、いざ体験してみるとダイエットに対する意識やモチベーションに大きな効果がありました。
当時ダイエット記録をブログで残して食べた物を包み隠さず書いていたのですが、自分のがんばってる記録を目に見えて残す行為は、思った以上に励みになります。

(この日数と食生活で体重がマイナス○キロか…)と、対策が打ちやすいのもあります。胃袋が小さくなっていってる感じとかもブログで記録していたので、ダイエットの進み具合は見返してみると、なかなか面白いです。

方法2「子育てしながら痩せる」ダイエット

毎日していることといえば…そう!子育て。
だから育児しながらダイエットもできるとなると、この上ない話。ありがとう、子供!と言えます。

ずっと前に試していた方法。

子育てダイエット「赤ちゃん抱っこと踏み台昇降運動」

抱っこして泣く子供をあやしたり寝かしつけながら、自分も上下に運動するやつ。いま3歳の上の子が赤ちゃんのときにしていました。
方法は、シンプルに滑らないような適当なものを床に敷いて、その上に登って降りてを繰り返すだけ。

激しく揺れると揺さぶられっこ症候群なんてのもあるので、そんなキツい動きはせず、どちらかというと振動を与えないよう、極力揺らさないように、ゆっくりと上る。そしてゆっくりと降りる。

子供が5キロや10キロだと、単純にその負荷が自分にかかるので結構な運動になります。

今は下の子も1歳児なので赤ちゃんではないけれど、まだ寝かしつけは腕の中なので、最近はバランスボールで寝かしつけてるものの、

バランスボールに座り子供を寝かしつける事で精神のバランスを保つ
毎日欠かさず使っているモノといえばバランスボール。これに座ると「今日も1日終わりー!」という気持ちなります。 下の息子(0歳児)が体調を崩した。 赤ちゃんが持って生まれた免疫力が切...

再び踏み台昇降をしてカロリーを消費しようかと思います。

さて次。子育てダイエットで新しく取り入れる方法。

子どもと階段を登り降りしたり、エレベーターをうまく使ったりする方法

子どもは階段というか「段」が好きで…。なんでなんだろう? すぐ段を見つけるとジャンプする。

そういうわけで、たまに遊びがてら子どもと階段を上り下りしたり、1人のときでもエレベーターを極力使わずに階段を上ることにします。
といっても5階に行くのに1階からずっと階段で上るのはキツすぎるので、3階まではエレベーターで上がり、残りの2階分を自分の足で上がるという感じです。

日常生活のなかで階段を使うことはよくあるので、意識してると自然とカロリーを消費するといった具合。
ついでにいうと、子どもが階段で遊び飽きて「疲れた〜」となってしまったら、それはもう親の私が運ばなければならないので、その度に抱っこするハメになるかもしれませんが、まぁそれはそれで…いいでしょう!笑

さて思い立ったら即行動。

子どと階段登り降りダイエット

この写真を撮るために、さっそく運動したので少しはカロリー消費しましたね!ブログに書いた効果ありです。笑(1日だけにならないように…心に誓いを立てる)

ちなみにこの後、子供のテンションが上がってしまったために何度も登り降りすることになりました。

方法3「食生活を管理する」ダイエット

経験上、我慢してダイエットしても良くない。個人的に。雑感ですが。

ストイックにプロの管理のもと食事メニューを徹底するならいいけれど、子育てしながら食事もめちゃくちゃ制限して我慢しても、ストレスがたまって結局どこかでガス抜きは必要だし、そんな日々は楽しくないです。

だから、どこかで余力を残しながら痩せる。痩せたい。笑

そういうわけで過去に5キロ痩せた方法の要である食事の方法。

平日の1食だけカロリー制限された食事メニューを意識する。

朝や夜は食事制限しないけど、「いま、わたしはダイエット中なんだ」という意識を持つようにお昼は低カロリーで済ませるよう意識する。

スープ春雨ダイエット

よく春雨と総菜を1つの組み合わせにはお世話になっていました。そして夜はボチボチ食べる食生活。
スープは本当にダイエットにいいなぁと感じます。
栄養も摂取できるし、満腹感も得られる。

またスープ春雨はいろんな種類があるので飽きにくいのも個人的におすすめしたいところ。笑
ほかにもコンビニのサラダチキンとかも低カロリーで満腹感が得られますね。

ご飯を食べる数十分前に、必ず水を1杯飲む。

炭酸ダイエット

満腹中枢が刺激されて、早く満腹感が得られやすくなるから。これは絶対。必要以上に食べ過ぎないですみます。炭酸水なら、なおよし。
ダンボールケースの炭酸水を買って、微妙にお金を出費したから、よし痩せるかー!という気持ちになるやつ。
炭酸はおなかが微妙に膨れるので本当にいいと思う。

食べ過ぎても、後悔しない。その分、運動する

食べたいなぁ。我慢するかぁ。というダイエットはしんどいです。ええ。笑

また、「もう…これだけ食べたら同じだし、もっと食べてしまえ!」と開き直ってダイエットを放り投げたら元も子もないので、そんなモチベーションになるぐらいなら「明日はがんばろう!1日だけ失敗したけど、必要なガス抜きだったから大丈夫!」と自分の行動を肯定しながら投げ出さないようにすることが大事だと思います。

もしくは、食べたらその分運動したりと調節する。

子育てダイエットブログ。まとめ、今後

過去にこのようなダイエット生活を1ヶ月続けてたら5キロ痩せていました。晩ご飯にカツ丼とか、休日にピザを食べながらお酒とかも飲んでいましたが、特に走ったりと運動せずに痩せることができました。その分、食べ過ぎないように水を飲んだり、普段の行動から運動量を増やしたことが大事だったと思います。

ただ、現在は生活環境も変わり子供を抱っこする腕だけがムキムキ…他は締まりのない体になってきたので、再び開始しようという今日このごろ。

子育てダイエットについて今後ブログに良い方法が思い浮かべば残していこうと思います。子供と遊びながら楽しく痩せるのに越したことはないですもんね!

コメント