家を買ったタイミング。子供の出産後に購入した理由と決め手

家を購入したタイミングと子供

我が家は現在2人の子供(3歳と1歳)がいます。

下の子が生まれて生活が落ち着いたタイミングで、子育てする目的の家として今の家を購入しました。結果、正解。良かったです。

「いま買い時か、冷静さを失ってるのか…どちらだろう」
「もし子供を2人授かることができたなら、そのとき子供部屋どうしよう。」
「子供と家、どっちが先かな?」

こんな、家を購入するときに考えたことや大きなお金を支払っていく上で不安に思ったことを踏まえて、マイホームを買うことにした理由・きっかけ、決め手を記録しました。

出産前に家を購入しようとは思わなかった理由

出産前に家を買おうとは思っていませんでした。
理由は子育てしながら住む家、生活しているイメージが育児の経験値が無いので具体的に湧かなかったからです。

子育てで何も不自由しないような環境で、駐車場が広かったり、庭があったり部屋もたくさんある家とかだと問題も少ないですが、やはり求めるものが多いと購入費用も比例して高くなります。

また、何より子供が生まれることで生活スタイルがガラっと変わるかもしれない。早く家を購入して人生の大きなイベントを済ませたい気持ちもありますが、それよりも出産前に家を購入すると私たちなりにリスクが高いと考えていました。

購入しようと思うと、簡単に考えただけでも多くの疑問が出てくる

  • 近くに公園があった方がいいかな?
  • マイホームは建てるべきか?もしくは建て売り?
  • 同じような子育て世代が住んでそうな新築マンション?いや、中古マンションをリフォーム?
  • 家族ぐるみで仲の良い友達がいる地域の方が、お互いに助け合えるかな。

些細なことでも、後悔したくないので疑問はたくさん出てくるし、出産前と出産後では自分たちの価値観に変化があるかもしれない。
少しでも満足する環境で、購入したあとのリスクを減らしたいと考えていました。

子供の出産後に家を購入しようと思った

子供の出産後

今まで生きてきて得た経験は、子供がいない状態で「自分たちが過ごしやすいだろう」と予想する家の知識で、ほかに持っている知識は、すでに子供がいる自分の兄弟や友人を端から見て感じたことや、自分が育てられた時代の記憶です。それが全て。

だから私たち夫婦にとって立地がいい、買い物しやすい、職場に通勤しやすいといった生活は想像つきやすいですが、子育てしながらだと今までの経験では足りないので想像に限界があります。リアルな経験値がゼロだから、仕事に置き換えると経験ゼロで大きな取引をする選択肢は私たちにありませんでした。

もちろん「近くに小学校があるから、通いやすいな。」とかは想像できます。ただ、まだ出産前だとリアルな子育ての体験をしていない分、どうしても知識がおよばずに後悔しないかな? という気持ちがありました。

だから出産後に家を購入しようと思いました。

幼稚園に入る前? それとも小学校の入学前に家を買う?

小学校の入学

子供が小学校に入学する前に家を買っておきたい気持ちも多少ありましたが、途中で通う学校に変わりがなければ、ひとまず賃貸マンションに住みながら同じ地域で家を探そうという考えでした。

転校になると可哀想だろうという気持ちはあったので、だからマンションを借りるか家を買って住みながら、同じ地域の中で良い所があれば住み替える選択です。

買う時期を焦っても、家は限られた土地のなかで “空き” が出ないことには住めません。

私たちのとったリスクヘッジは

  • ○○の前に購入〜というタイミングで焦って後悔するリスクを背負わない。
  • 子供が途中で転校しないように、「良い所があれば、そのタイミングで」引っ越し(住み替える)

だから家を購入する時期にいたって、幼稚園前や小学校前のタイミングを考慮に入れることは、優先順位としてかなり低かったです。

家を早く買うことのメリットとデメリット

早く購入することで得られるメリットも考えました。

  • 住宅ローンの35年ローンなどを組んで早く完済できる。
  • 人生の先々の見通しができる。
  • 賃貸にお金を払うのではなく、自分の家や土地の購入にお金を使うことができる。

上げ出したら、いくらでもあります。

ただ、家を購入することよりも優先順位が高かったのは、子育てしていく上で幸せな時間が長く得られるかどうか?でした。

私たち夫婦にとっては、家族が不満を抱えずに生きていく時間の使い方を優先的に考えたので、早く購入することで焦って後悔するリスクを背負うよりも、自分たちの生活をある程度見極めて、年収なども考慮して、「ここがいい。」という家が見つかったタイミングで購入した方が大きな失敗をしない。そう考えました。

お金はとても大事だし使い方も大事。
ただ先々を見通して早くローンの返済をした方が得だし、あとあと楽になっても、それを最優先にして焦って家を買ったところで、子育てしていく上で住みにくかったり、気持ちに余裕がなければ、楽しい日々は過ごせない。購入する意味がない。

だから、できるだけ早く家を購入するメリットは私たち家族にとってあまりメリットではなく、また家を購入すること自体が目的ではなく、お金を無駄なく自分たちの家に支払うことが最優先の目的でもない。

これから家族が5年10年と暮らす上で、「ここに住んで良かった。」という時間の使い方ができる家かどうかが最優先。
周りの考えや年収、購入した年齢と比較するのではなく、自分たち家族にとって気持ちに余裕のある楽しい生活ができるかどうか。それが私たちの目的だと夫婦で話し合い確認しました。

家を購入した決め手。選んだ理由

新居と子供

2人目の子供が生まれて生活が落ち着いたタイミングで、近くの中古のマンションが売りに出されていました。
そのマンションを購入してリフォームしました。

購入した大きな決め手は、数年後も住みやすいことが予測できて “自分たちにとって価値が下がりにくい家” だったからです。

家の設備でも電化製品でもなんでもそうですが、良い物は最先端の技術で作られた物の方が使い勝手はいいし見た目も美しいです。
しかし1年経つと、だいたいの物は古くなるし、常に新しくて良いものは世にドンドンと出てきます。

だから新築マンションや建て売り、新築マイホームを建てることよりも私たちは場所にこだわりました。

土地の値段が下がりにくいこともそうですが、ほかにも購入した理由は下の通りです。

家を買った大きな理由

  1. 数年後も周りの環境ができるだけ変わらないだろう、子育てしやい土地。
  2. 買い物しやすい。それは現状だけではなく、近くのスーパーが全て潰れることが、まず考えにくい点。
  3. 夜遅くの帰りでも、人通りがある道を通るので精神的に安心
  4. 都市開発や街の環境が変わっていくにしても、その影響を受けることがない、街の景色が変わることが考えにくい

子育てする上で、数年後もこれらを満たしている土地だと判断して、現在のところ近くに病院やスーパー・コンビニがあったりと生活もしやすく、夫婦お互いが通勤に困難な場所でもなく、年収からみてもバランスが良かったので家を購入しました。

新築でもないし、めちゃくちゃ駅に近いとかでもないですが、子育てしながらの日々に満足度はとても高いです。

そしてまた、ずっと住み続ける家もいいけど “いつかは売る前提” という視野でも見ながら購入し、約20年後に子供が巣立っていけば家を住み替えてもいいし、そのまま住んでもいいか。という考えで柔軟に動けそうなところを選びました。

家を買うタイミングに正解はない。時期に焦らず自分たちに必要な家が見つかったから買った

どんなに良い家でも、どこかで購入するときに無理をすると精神的に余裕がなく「なんのために家を買ったんだろう?」と後悔しても過去には戻れません。

また、より多くを求めて他人と比較しても正解はないです。だから私たちは、自分たちが子育てする家として住みやすいかどうか。必要なものは何かをもの凄く具体的に話し合って決めました。

買うタイミングはネットの知識や周りと比較しない

今後の生き方に合うかどうか考えてオリジナルの選び方をすると、人と比べようがありません。ネットや不動産の情報では「早く買わないと損する」といった内容がたくさんありますが、それは購入してほしいからであって、自分たちの軸がブレて焦る必要なんてありません。

だから今、「アパートを借りて暮らしてるけど、ほとんど不満とかない。」人だと、生活にだいたい満足しているのに買う必要なんてない。でも精神的に余裕があって、自分で考えて購入したり住み替えたりした方がメリットが見いだせるなら良いと思います。

今の時代は老後が心配なら、その分貯金する選択肢もありますし、家を購入しないといけないなんて絶対的な理由なんて人によって合わなくなってきているし、生き方も幸せも多様な時代に、決まった正解なんて皆無です。

それよりも、自分たちが「この家なら、求める楽しい時間が過ごせそう」という視点が購入には大事。結果、購入時期に悩むのではなく、子育てしやすい家が見つかったタイミングで購入して、今の家に満足しています。

コメント